• ようこそ!いいたび@オホーツクのホームページへ!
+090-1656-0760
+ 090-1656-0760
9:00 AM - 6:00 PM
Monday to Sunday

カテゴリ: 北海道

◎新品 ミラーレス カメラ Nikon ニコン Z 7 24-70m

◎新品 ミラーレス カメラNikon ニコン Z 7 24-70m

■いいたび@オホーツクのガイドの僕のおすすめです。ぜひ参考にしてください!

◎新品 ミラーレス カメラNikon ニコン Z 7 24-70m

▶ NIKKOR Z レンズの真価を実感できる、有効画素数4575万画素の高画素モデル、ニコンFXフォーマットミラーレスカメラ「Z 7」!描写力と携行性に優れた高性能な常用標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」とのキット。

◎新品 ミラーレス カメラ Nikon ニコン Z 7 24-70m

◎新品 ミラーレス カメラ Nikon ニコン Z 7 24-70m

◆商品の説明

  • Z 7 は、像面位相差AF画素搭載の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、有効画素数4575万画素と常用感度ISO 64~25600を両立。
  • 画像処理エンジンには、最新のEXPEED 6を採用。デジタル一眼レフカメラの画づくりの方針を踏襲しつつ、解像感やノイズ特性などを一段と向上させています。
  • 493点のフォーカスポイントが、撮像範囲の水平、垂直約90%という広い範囲をカバー。撮像範囲の周辺部まで高い解像力を発揮するNIKKOR Z レンズとの組み合わせで、周辺部の被写体にも極めて高いAF精度を発揮します。
  • ミラーレスカメラならではの小型・軽量ボディーは、携行性に優れ、フットワークのよい機動的な撮影が可能。
  • マグネシウム合金を使用した堅牢なボディー、シャッターの耐久性、防塵・防滴性能など、D850と同等の高い信頼性も確保しています。
  • 自然な見えを提供する電子ビューファインダーや、フルフレーム4K UHD動画など、幅広い撮影シーンに向き合う機能も充実しています。
  • キットレンズの「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」は、身の回りのあらゆるシーンを作品に変える、描写力と携行性に優れた高性能な常用標準ズームレンズです。
  • 無限遠から近距離にかけての収差変動を抑制した光学設計により、ズーム全域で、画面の中心から周辺までシャープで均質な描写が得られます。
  • ED非球面レンズ1枚、EDレンズ1枚、非球面レンズ3枚を採用。使い勝手のよい標準域の焦点距離範囲、f/4で一定の開放F値、ズーム全域で実現した0.3mと短い最短撮影距離で、幅広い撮影フィールドや被写体に対応します。
  • ボタンレスの沈胴式ボディーを採用し、携行性に優れた機動力と高い光学性能を両立しています。

◆価格と商品の購入先

●楽天市場:価格 288,000円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

楽天のサイト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Z 7 24-70 レンズキット
価格:288000円(税込、送料無料) (2023/2/7時点)

●Amazon:価格 305,705円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

Amazonのサイト

●Yahoo ショッピング:価格 308,090円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

Yahoo ショッピングのサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

知床連山

【動画】スノーシューツアーでいったフレペの滝

■いいたび@オホーツクのガイドツアーでいったフレペの滝

知床連山・フレペの滝、そしてオホーツク海に広がる流氷が美しいです。

以上を動画で表現して見ました!

お楽しみください!

オホーツク流氷体験堪能ツアー 2023年2月4日(土)

◎いいたび@オホーツクから報告です。オホーツク流氷体験堪能ツアー 2023年2月4日(土)

流氷を感じるオホーツク流氷体験堪能ツアーは、楽しく開催できました。

オホーツク流氷体験堪能ツアー 2023年2月4日(土)

2023年2月4日(土)、良いお天気に恵まれました。

お客様を女満別空港で出迎えました。お客様は2名で、お二人とも保育士をされているとのこと!

車に乗った途端から北海道の冷ややかだけどちょっと暖かい気分に感動されていました。

大空町女満別メルヘンの丘にて

大空町女満別メルヘンの丘にて

まず、大空町・女満別のメルヘンの丘にいきました。広い見事な防風林が立っている環境に感動されていました。

ここが夏は農地として利用されていると話すと余計感動されていました。

それから北海道・オホーツクの雪の話になりました。信号や矢印の話し、十分に納得していただきました。

能取湖から能取岬に向かいました、能取湖の凍りとその白さが見事にひろがります。一瞬これが流氷と勘違いしそうです。

網走市能取岬を望む

網走市能取岬を望んでの記念撮影

能取岬の手前で、能取岬の景観を見ましたが、流氷はまだあらわれません。

ここに流氷が広がっている光景があるともっと素晴らしいのですがと話すとこれだけでも絶景ですと言ってくださいました。

能取岬の入口あたりから流氷が見えてきました。初めて見る流氷に驚きと感動が広がっていました。

能取岬の灯台

網走市能取岬にて

能取岬での流氷

能取岬での記念撮影

能取岬で車を降り、流氷が具体的に見える場所に移りました!これが流氷なのですね!と何度も確認されました。

ここに流氷が接岸するともっと素晴らしい光景が広がるのですが・・・。といっても「これだけで十分です」という反応が・・・・

それから網走の街中を通過して、北浜、浜小清水と走りますが、流氷はほとんど見えません。残念ながらここは通過して知床に向かいました。

知床に向かう途中で、窓の左側に海が広がる場所から流氷が見えてきました。こんなに近くに流氷が見ることができるのですね!と思わす感動されるお客様達でした。

ウトロ・GVOの窓から見た流氷

GVOnウニ御飯

知床のウトロのGVOで昼食をとりました、ここはうに漁師が開業しているカフェでしかも流氷が窓から見える唯一のところだと説明して、うにの定食等を頼みました。

食事が来て、一口口にするたびに美味しいとおしゃっていただきました。ご案内しただけのことはあります。

知床・フレペの滝にて

昼食後、知床のフレペの滝に行きました。ここではスノーシューツアーで、流氷、滝。知床連山の絶景を堪能しました。

知床・フレペの滝にて記念撮影

いいたび@オホーツクが用意したヘルメットを装着して、スノーシューツアーに望みました!ヘルメットを装着するとカッコ良いね!と言っていただきました。

スノーシューも割合うまく装着して歩き出すと、これは楽しいと言っていただきました。しかも知床の自然について、説明すると一言一言、納得という感じです。

知床の遠音別岳

知床のフレペの滝前の大平原にて記念撮影

知床のフレペの滝前の大平原にて記念撮影

ゆっくり歩いて行くと、後を振り返ると知床の遠音別岳がきれいに見えました!こんなに遠音別岳ははじめてのような気がします。

フレペの焼きのしか

フレペの焼きのしか

しかさん達にもあうことができました!こんな近くで鹿を見れるなんて思わずの感動です。お客様たちは、「いいね!いいね」が連発していました。

フレペの滝の上から見た流氷

フレペの滝の上から見た流氷

フレペの滝の上で、フレペの滝の音を聞きました。波の音と混ざっていましたが、フレペの滝が流れてることを理解されたはずです。また、ここでの流氷の景観は最高です。

知床連山

知床連山の羅臼岳

知床連山を見下ろす

知床連山も見えてきました!今回は羅臼岳からすべて見えました!これが全部見れることは稀なんですよ!というと思わず感動の声が・・・!

フレペの滝の看板での記念撮影

フレペの滝の看板での記念撮影

フレペの滝の看板での記念撮影

フレペの滝

フレペの滝と知床連山

流氷を見るお客様

フレペの滝の展望台から見る流氷

フレペの滝の展望台から流氷を見るお客様

フレペの滝の看板の所で記念撮影をして、フレペの滝そのものを見ました。フレペの滝は展望台のところまでいかないと見ることができませんが、滝そのものの景観も絶景でした。

時には霧で滝が全く見えないこともあるんですよ!と話すと「えー本当ですか」とあまりの景観に疑うこともなっかたようです。

知床の森に入るお客様

食害

きつつきのあと

知床の森

自然観察をするお客様

滝の展望台をあとにして、知床の森の中に入っていきました。知床の森は神秘です。神秘の森をひたすら歩いて行きました。ところどころに鹿の食害のあとがあり、説明すると納得してくださいました。

知床の大地に寝そべるお客様

知床の大地に寝そべるお客様

知床の大地に寝そべるお客様

そのあとは森の中、明るいところをあるき、いいたび@オホーツクのガイドツアーの定番で知床の森の中で雪に寝ていただきました。そして、スノーシューツアーは終わりを迎えました!本当に楽しかったようでようです。

知床のプユニ岬での夕陽

知床のプユニ岬での夕陽の中での記念撮影

知床のプユニ岬での夕陽

スノーシューツアーを終えてから、知床の夕陽を見に行きました。夕陽を見た場所は、オホーツク海を見渡すプユニ岬です。ちょっと夕陽が雲に隠れてしまいましたが、夕陽を見ることができました。

それから宿に送って、1日目の「流氷を感じるオホーツク流氷体験堪能ツアー」は無事楽しく終了しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

清里町・神の子池

【動画あり】北海道・清里町・神の子池にスノーシューで行ってきました。2023年2月5日(日)

2023年2月5日(日)いいたび@オホーツクのガイドツアーで北海道・清里町・神の子池にお客様2名と行ってきました。

動画は、神の子池の現在の様子です。

その美しさに感動しました。往復3時間弱のスノーシューツアーでしたが、お客様は大いに喜んでいました。

ガイドの僕も池までのルートでは、大変楽しませてもらいました。よい天気に恵まれたツアーでした。

◎スノーシュー 雪上歩行 リフター付き 22インチ Prairie House

◎スノーシュー 雪上歩行 リフター付き 22インチ Prairie House

■いいたび@オホーツクのガイドの僕のおすすめです。ぜひ参考にしてください!

◎スノーシュー 雪上歩行 リフター付き 22インチ Prairie House

▶ はじめてスノーシューを利用してみようという方にオススメです。いいたび@オホーツクのスノーシューガイドツアーでも十分に利用できます。

◎スノーシュー 雪上歩行 リフター付き 22インチ Prairie House

◎スノーシュー 雪上歩行 リフター付き 22インチ Prairie House

◎スノーシュー 雪上歩行 リフター付き 22インチ Prairie House

◎スノーシュー 雪上歩行 リフター付き 22インチ Prairie House

◎スノーシュー 雪上歩行 リフター付き 22インチ Prairie House

◆商品の説明

  • スノートレッキング、雪遊びなどの時に雪の上を楽に歩くための道具です。
  • 雪上での浮力が高く、ふわふわの新雪の上でも、足が雪に沈み込むことなく、スイスイ歩くことができます。
  • フレームは軽くて丈夫なアルミニウムを採用。
  • 片足約800gの軽量設計なので、長時間の使用でも負荷が少なく、疲れにくいです。
  • 装着方法は、一般的なスノーボードに使われているラチェットバインディングを採用。簡単に取り付け・調整ができます。
  • 製品仕様 サイズ:22インチ
  • 適合荷重:~54kg
  • 適合シューズサイズ:22.0cm~27.0cm対応(ブーツ可)
  • 重量:約1.6kg(ペア)
  • 材質:アルミニウム(フレーム・クランポン)
  • セット内容:スノーシュー1ペア/キャリーバッグ1個

◆カラー

・ホワイト ・オレンジ

◆価格と商品の購入先

●楽天市場:価格 8,640円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

楽天のサイト

●Amazon:価格 8,640円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

Amazonのサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

清里町・秀峰庵

◎いいたび@オホーツクからご案内です。清里町 秀峰庵 手打ち蕎麦 2023年2月1日(水)

■清里町の秀峰庵にうまい手打ち蕎麦を食べに行ってきました。

ちょうど2代目の店主が秀峰庵を再開して、一周年がたったということもあり、お祝いを兼ねて、蕎麦を食べに行きました。

冷やしとろろ蕎麦

暖かいとろろ蕎麦

妻が仕事が休みとあって、夫婦で出かけました。妻は冷やしとろろそば、僕は普通のとろろ蕎麦を注文しました。

やっぱりここの蕎麦は抜群です。手打ちの加減がとってもいいです。一口食べることに旨さを感じられます。

一周年ということも記念品をいただきました。

店を出る時には店主の森野さんも出てこられて、一周年のご挨拶もできました。

オホーツクに住んでいる人、オホーツクに来られた方にはどなたにも食べていただきたい手打ち蕎麦です

秀峰庵から見える素晴らしい斜里岳

お店から見える斜里岳も本当に素晴らしかったです。

■秀峰庵 手打ち蕎麦

●地図:

撮影をする佐々木夏実

◎いいたび@オホーツクからご案内とお知らせです。撮影ガイドを実施 2023年1月31日(火)

■撮影ガイドを実施しています。撮影ガイド単独でもスノーシューツアー・流氷堪能ツアーの中でもOKです。

撮影をする佐々木夏実

オホーツクには絶景が揃っています。斜里岳・海別岳、フレペの滝などの有名スポットをはじめとして、各地で絶景があります。

その絶景をいい写真にしたいと思ったことはありませんか!

オホーツクの各地を回って絶景の写真を撮るというのでもよいし、スノーシューツアー・流氷堪能ツアーの中でも撮影ガイドをやります。

あまり撮影に対してよくわからないという方、ちょっといい写真をとってみたいという方、カメラを構える基本から教えます。

いいたび@オホーツクのガイドの佐々木は、中学・高校時代に写真部に所属し、その後も写真を撮影し続けてきました。

横浜在住時代にプロのミュージシャンのライブの専属カメラマンをやった経験もあります。

写真にはそれなりこころ入れがあります。頑張って今後もオホーツクの素晴らしい絶景を撮り続けていきたいと思います。

★詳細はいいたび@オホーツクのホームページの撮影ガイドのページをご覧ください。

■いいたび@オホーツクのガイドツアーを行っています。

いいたび@オホーツクのガイドの佐々木夏実

いいたび@オホーツクのガイドの佐々木夏実

  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、オホーツクの素晴らしい絶景や興味深いスポットをご案内するガイドツアーを実施しています。
  • これからの季節は、オホーツク特有の「流氷」と雪の上をスノーシューを履いて歩き回るツアーです。
  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、「流氷」とも「スノーシュー」バッチリサポートします。
  • 詳細はいいたび@オホーツクのホームページをご覧ください!
  • いいたび@オホーツクへのメールでの問い合わせ
知床のフレペの滝 流氷が見えた

◎いいたび@オホーツクからご案内とお知らせです。知床のフレペの滝 2023年1月29日(日)

■知床のフレペの滝に行ってきました!悪天候かと思ったらフレペの滝の展望台では晴れました!

フレペの滝のスノーシューツアーを行うためにサブガイドをやってもらっている妻と行ってみました。

フレペの滝へのスノーシューツアーのコースの入口に入った時は、悪天候で雪は強く降ってくるはどうなるかと思いました。

知床のフレペの滝 悪天候

知床のフレペの滝 流氷が見てた

知床のフレペの滝 良い天気になった

ところが滝の上に出ると何と流氷も見えて、天候が良くなってきました。でも風はものすごく強くて、立っているがやっとでした、写真を撮るのもぶれて、ぶれてとても大変でした・・・。

知床のフレペの滝 看板の横で妻

知床のフレペの滝 焼きは半分結氷しています!

知床のフレペの滝 展望台

知床のフレペの滝 自然

知床のフレペの滝

天気も回復したことで、おかげでいいツアーコースの下見ができました。フレペの滝コースのスノーシューはとっても楽しいです。

下界ではなかなか体験でいないフレッシュな目で見た知床の自然を垣間見ることができます。よかったらツアーに参加してください。

■いいたび@オホーツクのガイドツアーを行っています。

いいたび@オホーツクのガイドツアー

  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、オホーツクの素晴らしい絶景や興味深いスポットをご案内するガイドツアーを実施しています。
  • これからの季節は、オホーツク特有の「流氷」と雪の上をスノーシューを履いて歩き回るツアーです。
  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、「流氷」とも「スノーシュー」バッチリサポートします。
  • 詳細はいいたび@オホーツクのホームページをご覧ください!
  • いいたび@オホーツクへのメールでの問い合わせ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

いいたび@オホーツク JR釧網本線 「流氷物語号」の情報

いいたび@オホーツク JR釧網本線 「流氷物語号」の情報(2203年1月28日)

■網走駅から知床斜里駅へ毎日2往復、車窓からオホーツク海の景色を楽しめる「流氷物語号」運転してます。

いいたび@オホーツク JR釧網本線 「流氷物語号」の情報

いいたび@オホーツク JR釧網本線 「流氷物語号」の情報

「流氷物語号」は1月28日から2月26日まで毎日2往復を運転予定しています。

僕は浜小清水での停車時間が長いので、調べて見たら、「網走行の「流氷物語号」は浜小清水駅で20分間停車し、駅に隣接する道の駅「はなやか(葉菜野花)小清水」での買い物を楽しめる」ということだそうだ!これに遭遇したようです。

●流氷物語のダイヤと運賃

いいたび@オホーツク JR釧網本線 「流氷物語号」の情報

  • 「流氷物語1号」の運転時刻は網走駅9時52分発・知床斜里駅10時42分着
  • 「流氷物語3号」の運転時刻は網走駅12時45分発・知床斜里駅13時35分着
  • 「流氷物語2号」の運転時刻は知床斜里駅11時30分発・網走駅12時30分着
  • 「流氷物語4号」の運転時刻は知床斜里駅13時48分発・網走駅14時46分着。
  • 網走駅から知床斜里駅まで片道で指定席を利用した場合
  • 乗車券970円、指定席券530円、計1,500円(こども半額)
水平線に見えるのは流氷

◎いいたび@オホーツクからご案内とお知らせです。流氷接近(2203年1月28日)

水平線に白い帯がある画像は、27日午後1時前網走市のオホーツク流氷館から撮影した映像・すなわち流氷です。

オホーツク流氷館
オホーツク流氷館

オホーツク流氷館から今季の流氷がみえるという情報を得たので、早速行ってきました。

水平線の近くに白い氷の塊が確認できます。しかし。流氷の初日を決めるのは網走地方気象台です。網走地方気象台によると、午後3時現在で、肉眼で流氷を確認できなかったため、きょう「流氷初日」とはなりませんでした。しかし「流氷の初日」はもうすぐです。

流氷館からは展望がききますが、海別岳と斜里岳がきれいだったので撮影してきました。

海別岳

海別岳

斜里岳

斜里岳

■いいたび@オホーツクのガイドツアーを行っています。

いいたび@オホーツクのガイドツアー

  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、オホーツクの素晴らしい絶景や興味深いスポットをご案内するガイドツアーを実施しています。
  • これからの季節は、オホーツク特有の「流氷」と雪の上をスノーシューを履いて歩き回るツアーです。
  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、「流氷」とも「スノーシュー」バッチリサポートします。
  • 詳細はいいたび@オホーツクのホームページをご覧ください!
  • いいたび@オホーツクへのメールでの問い合わせ
  • 電話:090-165-0760
PAGE TOP