• ようこそ!いいたび@オホーツクのホームページへ!
+090-1656-0760
+ 090-1656-0760
9:00 AM - 6:00 PM
Monday to Sunday

カテゴリ: 写真・撮影ガイド

◎ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット ブラック

◎ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット ブラック

◎ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット ブラック

■いいたび@オホーツクのガイドの僕のおすすめです。ぜひ参考にしてください!

◎ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット ブラック

◎ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット ブラック

◎ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット ブラック

◆ミラーレスとニコンの伝統的なデザインの融合

  • ニコンFM2にインスパイアされた、精緻に作り込まれた外観デザインのZ fc。
  • FM2に近い印象で再現したペンタプリズム部のデザインやボディーサイズ、黒とシルバーの色バランス、モニター背面にも施した革シボ風の表面加工が、フィルムカメラを思起。グリップレスのフラットなフォルムで、撮影したいときにはバッグからスムーズに取り出し可能。

◆手応えのあるダイヤル操作も楽しい操作系

  • ボディーの天面にシャッタースピード、ISO感度、露出補正の3つのダイヤルと、F値を表示する小窓を搭載。
  • 一目で基本的なカメラ設定を視認可能。
  • 手応えのあるダイヤル操作は、一つ一つの設定を丁寧に調節してシャッターをきるという撮影スタイルを享受可能。

◆動画にも有効な瞳AF/動物AF搭載の高性能AF

  • 像面位相差AFとコントラストAFを自動的に切り換えるハイブリッドAFで、とっさに現れた被写体もしっかりと捉えます。
  • 静止画にも動画にも有効な瞳AFと動物AFを搭載。
  • 友達や家族、ペット(犬と猫にのみ対応)が動いていても、その目にしっかりとピントを合わせることが可能。

◆高感度高画質 ISO 100-51200

  • 最高常用ISO感度は51200。
  • 高性能な撮像素子と、上位機種にも採用している画像処理エンジン EXPEED 6のノイズ低減により、静止画・動画どちらでも、細部や質感まで鮮明に描写できます。
  • 暗いシーンでも高感度に設定すればより高速のシャッタースピードを使用できるため、ブレの少ない写真が撮影可能。
  • 動画撮影時の常用最高ISO感度は25600。

◆クロップなしの4K UHD動画

  • 4K UHD/30p動画をDXフォーマットベースで、クロップなしで撮影可能。
  • バリアングル式画像モニターを正面に向けると自分撮りモードが起動し、瞳AFや被写体を追い続けるフルタイムAF(AF-F)を使って、高画質なVlog動画の撮影も可能。

◆価格と商品の購入先

●楽天市場:価格 150,700円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

楽天のサイト ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット

●Amazon:価格 137,000円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

Amazonのサイト ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット

◎ミラーレス一眼カメラ ニコン Zfc 16-50 VR ズームレンズキット ブラック

■撮影ガイド オホーツクの絶景を素晴らしい写真にしませんか!

撮影をする佐々木夏実

いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、随時カメラの使い方を含めて、撮影ガイドを実施しています。

オホーツクの素晴らしい絶景を背景にすばらしい写真をガイドのサポートを得て撮影してください!

ガイドの佐々木夏実は中学・高校で写真部に在籍し、その後もずっと写真撮影に関わってきました。

詳細はいいたび@オホーツクのガイドツアーの中での撮影ガイドをご覧ください!

知床・フレペの滝

知床連山をフレペの滝から見上げる

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

いいたび@オホーツクのガイド 神の子池

■いいたび@オホーツクからご案内とお知らせです。(2023年2月20日)

いいたび@オホーツクのガイド 神の子池

■いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、オホーツクの素晴らしい絶景や興味深いスポットをご案内するガイドツアーを実施しています!

いいたび@オホーツクのガイドツアーに参加されたお客様

いいたび@オホーツクのガイドツアーに参加されたお客様

いいたび@オホーツクのガイドの佐々木夏実

  • この季節は、オホーツク特有の「流氷」と雪の上をスノーシューを履いて歩き回るツアーです。
  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、「流氷」とも「スノーシュー」バッチリサポートします。
  • スノーシューの行える地域はオホーツクだとフレペの滝を代表にして、神の子池など各地で可能です。場所によってはアクセスするために時間がかかりますので、できれば1日コースを選んでいただいた方が良いです。
  • 詳細はいいたび@オホーツクのホームページをご覧ください!
  • いいたび@オホーツクへのメールでの問い合わせ
  • お電話での問い合わせとツアーの申し込みも可能です。 090-1656-0760

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

◎新品 ミラーレス カメラ Nikon ニコン Z 7 24-70m

◎新品 ミラーレス カメラNikon ニコン Z 7 24-70m

◎新品 ミラーレス カメラ Nikon ニコン Z 7 24-70m

■いいたび@オホーツクのガイドの僕のおすすめです。ぜひ参考にしてください!

◎新品 ミラーレス カメラNikon ニコン Z 7 24-70m

▶ NIKKOR Z レンズの真価を実感できる、有効画素数4575万画素の高画素モデル、ニコンFXフォーマットミラーレスカメラ「Z 7」!描写力と携行性に優れた高性能な常用標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」とのキット。

◎新品 ミラーレス カメラ Nikon ニコン Z 7 24-70m

◎新品 ミラーレス カメラ Nikon ニコン Z 7 24-70m

◆商品の説明

  • Z 7 は、像面位相差AF画素搭載の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、有効画素数4575万画素と常用感度ISO 64~25600を両立。
  • 画像処理エンジンには、最新のEXPEED 6を採用。デジタル一眼レフカメラの画づくりの方針を踏襲しつつ、解像感やノイズ特性などを一段と向上させています。
  • 493点のフォーカスポイントが、撮像範囲の水平、垂直約90%という広い範囲をカバー。撮像範囲の周辺部まで高い解像力を発揮するNIKKOR Z レンズとの組み合わせで、周辺部の被写体にも極めて高いAF精度を発揮します。
  • ミラーレスカメラならではの小型・軽量ボディーは、携行性に優れ、フットワークのよい機動的な撮影が可能。
  • マグネシウム合金を使用した堅牢なボディー、シャッターの耐久性、防塵・防滴性能など、D850と同等の高い信頼性も確保しています。
  • 自然な見えを提供する電子ビューファインダーや、フルフレーム4K UHD動画など、幅広い撮影シーンに向き合う機能も充実しています。
  • キットレンズの「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」は、身の回りのあらゆるシーンを作品に変える、描写力と携行性に優れた高性能な常用標準ズームレンズです。
  • 無限遠から近距離にかけての収差変動を抑制した光学設計により、ズーム全域で、画面の中心から周辺までシャープで均質な描写が得られます。
  • ED非球面レンズ1枚、EDレンズ1枚、非球面レンズ3枚を採用。使い勝手のよい標準域の焦点距離範囲、f/4で一定の開放F値、ズーム全域で実現した0.3mと短い最短撮影距離で、幅広い撮影フィールドや被写体に対応します。
  • ボタンレスの沈胴式ボディーを採用し、携行性に優れた機動力と高い光学性能を両立しています。

◆価格と商品の購入先

●楽天市場:価格 288,000円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

楽天のサイト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Z 7 24-70 レンズキット
価格:288000円(税込、送料無料) (2023/2/7時点)

●Amazon:価格 305,705円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

Amazonのサイト

●Yahoo ショッピング:価格 308,090円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

Yahoo ショッピングのサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

清里町・神の子池

【動画あり】北海道・清里町・神の子池にスノーシューで行ってきました。2023年2月5日(日)

清里町・神の子池

2023年2月5日(日)いいたび@オホーツクのガイドツアーで北海道・清里町・神の子池にお客様2名と行ってきました。

動画は、神の子池の現在の様子です。

その美しさに感動しました。往復3時間弱のスノーシューツアーでしたが、お客様は大いに喜んでいました。

ガイドの僕も池までのルートでは、大変楽しませてもらいました。よい天気に恵まれたツアーでした。

撮影をする佐々木夏実

◎いいたび@オホーツクからご案内とお知らせです。撮影ガイドを実施 2023年1月31日(火)

撮影をする佐々木夏実

■撮影ガイドを実施しています。撮影ガイド単独でもスノーシューツアー・流氷堪能ツアーの中でもOKです。

撮影をする佐々木夏実

オホーツクには絶景が揃っています。斜里岳・海別岳、フレペの滝などの有名スポットをはじめとして、各地で絶景があります。

その絶景をいい写真にしたいと思ったことはありませんか!

オホーツクの各地を回って絶景の写真を撮るというのでもよいし、スノーシューツアー・流氷堪能ツアーの中でも撮影ガイドをやります。

あまり撮影に対してよくわからないという方、ちょっといい写真をとってみたいという方、カメラを構える基本から教えます。

いいたび@オホーツクのガイドの佐々木は、中学・高校時代に写真部に所属し、その後も写真を撮影し続けてきました。

横浜在住時代にプロのミュージシャンのライブの専属カメラマンをやった経験もあります。

写真にはそれなりこころ入れがあります。頑張って今後もオホーツクの素晴らしい絶景を撮り続けていきたいと思います。

★詳細はいいたび@オホーツクのホームページの撮影ガイドのページをご覧ください。

■いいたび@オホーツクのガイドツアーを行っています。

いいたび@オホーツクのガイドの佐々木夏実

いいたび@オホーツクのガイドの佐々木夏実

  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、オホーツクの素晴らしい絶景や興味深いスポットをご案内するガイドツアーを実施しています。
  • これからの季節は、オホーツク特有の「流氷」と雪の上をスノーシューを履いて歩き回るツアーです。
  • いいたび@オホーツクのガイドツアーでは、「流氷」とも「スノーシュー」バッチリサポートします。
  • 詳細はいいたび@オホーツクのホームページをご覧ください!
  • いいたび@オホーツクへのメールでの問い合わせ
◎新品 ミラーレス一眼カメラ オリンパスペン E-P7 EZダブルズームキット 3年保険付

◎新品 ミラーレス一眼カメラ オリンパスペン E-P7 EZダブルズームキット 3年保険付

◎新品 ミラーレス一眼カメラ オリンパスペン E-P7 EZダブルズームキット 3年保険付

■いいたび@オホーツクのガイドの僕のおすすめです。ぜひ参考にしてください!

◎新品 ミラーレス一眼カメラ オリンパスペン E-P7 EZダブルズームキット 3年保険付

◆E-P7ボディ + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ標準ズームレンズ + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R 望遠ズームレンズ

▶ オホーツクの絶景を新しいカメラで撮しませんか!小型軽量ボディーはスノーシューツアーの携帯にも便利です!

◎新品 ミラーレス一眼カメラ オリンパスペン E-P7 EZダブルズームキット 3年保険付

◎新品 ミラーレス一眼カメラ オリンパスペン E-P7 EZダブルズームキット 3年保険付

◆商品の説明

  • 持つ喜びを感じ、撮影意欲を掻き立てるカメラ。E-P7はそんなカメラを目指し、端正で洗練されたデザインの小型軽量ボディーを実現。
  • 2000万画素Live MOSセンサーと画像処理エンジンTruePic VIIIを搭載。M.ZUIKOレンズの高い描写力を生かした高画質な撮影が可能。
  • 写真の作品性を高めるために欠かせない色作り。
  • カラープロファイルコントロールを使えば、12色の彩度やシェーディング、ハイライト&シャドウを細かく調整して、狙った色合いの作品を作り上げることが可能。

◆カラー

・シルバー

◆価格と商品の購入先

●楽天市場:価格 107,900円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

楽天のサイト

●Amazon:価格 104,800円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

Amazonのサイト

●Yahoo ショッピング:価格 107,900円 (税込)

商品の購入は以下(画像も)をクリックして、移動してください!

Yahoo ショッピングのサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

PAGE TOP