北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 知床 鹿の食害

北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 知床 鹿の食害

北海道 オホーツクの冬 一枚の写真 知床 鹿の食害

知床の生態系を学べる写真です。鹿はこの時期になると土中から食を得ることがむずかしくなります。

そのために木の皮を食べます。主に食べるのはキハダの木の皮です。鹿は360度食べてしまうケースが多いです。

そうなると木の導管が損なわれて水分が木に上がっていかなくなります。そして、時期が来ると枯れてしまいます。

その枯れた木をねらって、赤けらなどのキツツキが虫を食べにやってきます。木に穴が空いているのはそのためです。

こうして知床の食物連鎖が完成されていきます。それも鹿による食害が多いので、木の手当は大変です。

プロフィール

natsumi_s_58
natsumi_s_58事業主
東京26年、横浜20年在住、主に社会科地理の教員として、子どもの目線を大事にした教育を行ってきました。46歳の時に北海道・オホーツク・小清水町に移住し、「いいたび@オホーツク」立ち上げ、旅ガイド・自然ガイドを行っています。一人旅のお客様大歓迎です!1958年9月8日生まれ:61歳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください