奥行臼駅 別海町奥行 標津線駅跡 オホーツク周辺の見所

奥行臼駅 別海町奥行 標津線駅跡 オホーツク周辺の見所

廃駅の旧標津線奥行臼駅

思わぬ旧鉄道との出会いとなりました!

 標津線は、国鉄およびJR北海道が運営していた鉄道路線です。釧網本線の標茶駅で釧網本線から分岐し、標津郡標津町の根室標津駅に至る本線と同郡中標津町の中標津駅で本線から分岐し、根室市の厚床駅で根室本線に接続する支線から成り立っていました。しかし、成元年)4月30日に全線が廃止されました。

廃駅の旧標津線奥行臼駅

 その過程にある奥行臼駅(おくゆきうすえき)は、野付郡別海町奥行にある標津線の駅です。その駅の存在は実は最近知ったので早速いって見ました。廃駅ですが、割合その面影が残っている感じでした。雰囲気のある駅舎とホームはよき日の北海道らしい光景を描いていると思いました。

廃駅の旧標津線奥行臼駅

 ホームはいわゆる島式ホームですが、それにもう一つ路線が加わって3線構造になっています。

廃駅の旧標津線奥行臼駅

 ここで興味深いのは、別海村営軌道が当駅で接続していたことです。別海村営軌道の遺物はかなり残っていましたが、それは次回詳しく触れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です